九星と五行 | 恋する九星気学:彼氏彼女の相性占いの決定版

恋する九星気学:彼氏彼女の相性占いの決定版

占い

九星と五行

9つの数字

正方形を9マスに区切った「魔法陣」が、古代中国には存在していました。
四九二
三五七
八一六
上の段から3つずつ、上のようにして3段で並んで「一」から「九」までの9つ。
これが、九星気学の基本のひとつである「九星」です。
さらに、「一」から「九」までの数字にはそれぞれ色が割り振られていて、それぞれ一白、二黒、三碧、四緑、五黄、六白(ふたたび白)、七赤、八白(またもや白)、そして九紫。
ホワイトからパープルまでの色がついたワンからナインのこれらの数字は、世界の理を表していて、九星気学などの占いの材料として用いられています。
人を9種類に分けることが出来たり、それぞれに属性を設定して細かい占いをしたりすることが出来るのです。

世界は5つに分かれる

世界は、さまざまなモノから構成されている。現代人でも古代中国の賢人でも、誰でも知っていた事実です。
ただし、たとえば現代科学にどっぷり首までつかった私たちが「人間はタンパク質なのです」なんて言っても、古代中国の賢人たちは哀れみの目を向けてくるだけでしょう。
九星気学を生み出した彼らは、九星の考えとともに、「世界は5つに分けることが出来る」という五行の考え方を利用しました。
世界を構成する5つのものとは、木と火、土、金属、そして水でした。
確かに、地球という天体はこれらのモノが集合して出来上がっているものであり、五行思想が言うように、「5つは常に関係しあっている」ということが言えます。
九星気学は、世界の理を解き明かすこれらの学問や思想から生まれてきた、奥深いものなのです。